トレチノイン・ハイドロキノンのクリーム人気商品はどれ?

治療

乳首の黒ずみが気になる方へ 皮膚科で処方されるクリームは?
乳首 皮膚科
正しい使い方で適切なケアをする 体験をした人のその後の感想は?
体験

女性の美白療法として有名なトレチノイン・ハイドロキノン

現在、様々なメディアでも特集され話題になっているトレチノイン・ハイドロキノンを使った美肌、美白療法があります。 真皮から肌質を改善し、色素沈着をきれいにするための療法で個人輸入の通販でも人気です。 前者にはには表皮の深い層にあるメラニン色素を排出する働きがあります。
ターンオーバーを促進し、ピーリング効果があるのです。
また皮脂の過剰な分泌を抑制し、肌の内部でコラーゲンを増やすという働きももっているので、しわが減り、黒ずみのないハリのあるプルプルに導いてくれるとの体験談です。 この成分はビタミンA誘導体で、血液中にごく微量ですが流れているものです。 だから抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすようなことはありません。 そして後者は、皮膚の漂白剤の役割があり、ソバカスなどの原因となる「チロシナーゼ酵素」の生成を抑制する働きがあります。 シミの対策はもちろんのこと、ずいぶん前にできて色素沈着を起こしているくすみにも有効です。 今までは光のレーザーでしか消えることがなかった場所が、このアイテムを使用できるようになってから有効な成分を配合した化粧品のクリームや薬で薄くしたり消すことが可能性としてでてきました。 人気のトレチノイン・ハイドロキノンも化粧品ではなく医薬品です。

メディアやブログなどでも掲載頻度が高いアイテムです

シミやソバカスに効果の期待できるトレチノイン・ハイドロキノンでのケア

だから効果はかなり期待できるのですが、どちらも劇薬なので、正しく使用しなければ、美肌になるどころか、かえってトレチノイン・ハイドロキノンの影響で黒ずみがひどくなって汚い状態になってしまうのです。 後者は濃度が高いほど効果が高いのですが、その分で肌の内部に入りやすく炎症を起こしてしまうことがあります。
また漂白効果が高い分使い方を間違ったり、塗りすぎると白斑になってしまうこともあります。
そして特に前者は過剰摂取によって奇形児が生まれる可能性もあるので、妊娠中や妊娠予定の人は使用してはいけないものであることを対策としてだけでなく知っておくことが大切です。 ではシミやニキビ跡などの色素沈着、小鼻の黒ずみなどを改善するための正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。 トレチノイン・ハイドロキノンの両方を活用することでより効果が出るのですが、使い方としては一日2回、もしくは夜に一回、肌に塗ります。 丹念な洗顔後、ビタミンC誘導体を配合した化粧水を一番初めに使用するとさらに効果を発揮します。 そして丁寧にシミからはみ出さないように塗布し、それが乾いてから二番目を少し広めに余裕を持って塗布します。 そのあと乾燥するので美容液や保湿クリームを塗布します。 インターネットの個人輸入代行業者で体験談をみて通販をすることも可能です。

違法な個人輸入の薬


正しいやり方で時間を掛けて取り組んでいきましょう

紫外線とトレチノイン・ハイドロキノンとの密接な関係性

個人輸入やオンライン通販で人気のトレチノイン・ハイドロキノンでケアしている間は、紫外線を予防するために日焼け止めをすることが大切です。 その時は皮膚が炎症を起こしている状態になっているので、刺激の少ないものを選択します。 体験談によると使用開始後は治療部位の皮膚が赤くなりますが、そのうちターンオーバーの促進によって表皮が剥けだしてきます。
その後徐々にまた赤みが増しますが、シミは薄くなっていきます。
このような症状が出てくるので初めの1、2週間はつらい時期ですが、その後は肌も慣れてきて赤みやしみる感じなどがなくなってきます。 注意点としては、少しでもクリームの付いた汚れた手でほかの部分を触らないようにすることと、かゆくなっても触ったり掻いたりしないことです。 僅かな量でもがつけばその場所の皮がむけてきたり、掻いたり触ったりすることで黒ずみや色素沈着になる可能性があるからです。 それに目の周りや口の周りなど粘膜に近いところは塗らない方が安心です。 吸収が良すぎて皮膚がさけたりすることもあるからです。 また紫外線に注意が必要なので、日焼け止めを使う必要があるのですが、蛍光灯からも紫外線が出ているので対策をしっかりして注意します。 紫外線に当たるとトレチノイン・ハイドロキノンが毒性の物質に変化するのです。

紫外線を浴びることは良くありません

お肌をすべすべにトレチノイン・ハイドロキノンでできる?

日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用していなくて肌に優しいものを数時間に一度塗るようにします。 そしてトレチノイン・ハイドロキノン療法をすると、赤くなって来たりしみる感じなどは少なからずケアする以上必ずあることなのです。 しかしそれでもしばらく続けてみて、ひどいかぶれや発赤、刺激感があるときにはまずは個人輸入や通販で手に入れた最初の方を中止します。 それでもまだそのような症状が出る場合には同時に二つともも中止します。 毛染めでかぶれる体質の方は高い割合でかぶれる場合があるので注意が必要です。 できれば使用前にあごの下や二の腕でクリームのパッチテストをする方がいいでしょう。
そしてどんな状況でも3カ月以上使用しないようにしましょう。
しかしこれらにつらい時期を乗り越えると、色白になり、大人ニキビもできなくなり、何もぬらなくてもシルクのように黒ずみのないすべすべのピカピカになったという体験談の報告もあります。 またシミが消え、どうしても治らなかった鼻のざらつきがなくなってしっとりとしてきたという報告もあります。 トレチノイン・ハイドロキノン療法は、古い角質をとってきれいな状態に導いていくということです。 単なるピーリングと違うのは、ビタミンA誘導体の成分が肌細胞に直接働きかけて、コラーゲンの生成力を回復し、皮膚そのものを健全にしてくれるというところです。 ただしその後、紫外線から身を守るメラニンの生成を抑制します。 言い換えれば、いくら対策をしてもバリア機能をとってしまうということです。

タイミングもありますが効果が出ないことも

コンプレックス解消へトレチノイン・ハイドロキノンがサポート

そのためしっかり紫外線から肌を守らないと、すぐにシミができるようになるともいえます。 だからトレチノイン・ハイドロキノンを正しくケアし、その後も紫外線対策をしっかりすることが大切だということです。 これらを使用する際は、メリットとデメリットをよく理解したうえで注意しましょう。
だから通販ではなく皮膚科や美容クリニックで医師の指導のもとで行うと安全で安心です。
またこれらを配合した化粧品も販売されていますので、医薬品としての個人輸入などで手に入れることができるトレチノイン・ハイドロキノンを塗布するほどの効果はありませんが、刺激が少なく安心して使用することができます。 シミができてずいぶん長い年月が経ったものに対しても体験談で効果があるこの話題の療法は、これからの美容界においてもますますクリームの人気が高まることでしょう。 もう消えることがないとあきらめていた色素沈着などもきれいになる可能性が高い療法です。 顔だけではなく体のどの部位にも使用することができ、黒ずみやコンプレックスになっていたことも解消されるのです。

根本的には自分で行うのはリスキーです

このページの先頭へ